« 画期的な | トップページ | かしゅっ »

補間技術も

先日、50年代に録音されたアルバムのデジタルリマスターバンをキかせて頂きました。耳をサラのように?して拝聴いたしました。細かなヒスノイズはキき取れるものの、とても50年代の録音とは思えなかった。最新のPCM録音とは言わないまでも70?80年代のモの?すんごい。デもミ方を変えるとキモち悪い。コれは創られたオト?
話を変えましょう。77年発表の「スターウォーズ」ソレのデジタルリマスターバンがDVD、Brでそれぞれ出てます。コれもすんごい。音楽は抽象的ですが画像は写実的。ひとメでその違いをミてとるコとが出来ます。
デジタルリマスターッテのは補間技術。つまりサンプリング周波数を2倍3倍にしてソの中間点を予想するッテ原理。ソレは理解してますがココまでやるとは!良い悪いは話が別。創造で創られたモのッテ理解してます。んじゃオリジナルはどういうふうに理解すればいいのッテ話。
口グセのように「ディジタル技術のハイライトは圧縮にある」ッテ言ってますが、補間技術もそうなのかも?もっとも補間技術にも圧縮は必要不可欠なモんですが。


山代温泉・れんの羊羹[れんのようかん]石川県加賀市山代温泉 http://www.yorunoume.com/

« 画期的な | トップページ | かしゅっ »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192400/42488403

この記事へのトラックバック一覧です: 補間技術も:

« 画期的な | トップページ | かしゅっ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ