« 次回は | トップページ | 補間技術も »

画期的な

年末に次世代高解像度のTVがでるッテおキきいたしました。縦横で2K×4K、単純計算で今の4倍の密度です。からくりはカンタン、補間技術。ムカシのアナログ映像で言うならばラインダブラーの世界。コの技術、T社が先頭を走ってます。技術的にはプラズマでも可能。そしたらP社はダマっちゃナいでしょう。もっともチョロンとマエの地デジ化、ソレほどの画期的なサにはならナいでしょうが。
技術ッテのは日々進化します。トクにほとんどの信号がディジタル化されてきてますのでその進歩はメをミはるモのがあります。何度も申しておりますよう、ディジタル技術のハイライトは圧縮にあります。
デもまだまだスベテにはアてはまりません。以前に申しましたよう、現在のハイビジョンの12分の1に圧縮された音声は最悪。高音はすきすきで低音はかすかす。BS放送時代のBモードのあのすげ〜音質の足下にもオよびません。
先日UP致しましたが192kのマスターテープより完成された44.1kのCDの方がスタンダード。ディジタル技術も最終的にはアナログ技術で完成すると考えてます。


山代温泉・れんの羊羹[れんのようかん]石川県加賀市山代温泉 http://www.yorunoume.com/

« 次回は | トップページ | 補間技術も »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192400/42462616

この記事へのトラックバック一覧です: 画期的な:

« 次回は | トップページ | 補間技術も »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ