« 散り際が | トップページ | 世話を »

セミトレ

お店に一台のBMWがヨコ付け致しました。おぉ、E30!チョロンと古い。
リアサスの形式セミトレーリング、略してセミトレ。国産車でもブルーバード510、スカイラインC10などなど数えきれない車種で採用されてた、マクファーソンストラットとトレーリングアーム、双方の利点を合わせモつ一時代を築いたサスペンション形式です。タダコの形式、唯一ながら最大のガンがありました。コーナーリングのアクセルオフ時でのトゥアウトです。ンじゃトゥアウトとはナに?
アクセルをヌいた瞬間、リアタイアがワズカながらアウト側に傾くッテコとです。高速コーナーリング時にコれが起こるとクルマはリアからすっ飛びます。速度無制限の区間があるドイツのアウトバーンでリアから大破したE30が修理工場に列を着いて並んでるッテ記事をクルマ雑誌でミたコとがあります。
ポルシェ928、コれのセミトレにはメカニカルにソれをキャンセルした「バイザッハアクスル」を採用し、特許を取った。コれがトーコントロールの最初だと記憶してます。
コれ以降、世界各国のメーカーがいろんなトーコントロールを採用しました。国産で言うならRX-7(FC3S)はリンクを1本タしてソれをキャンセルしてた。日産はスカイラインR31でアクティブの「HICAS」を採用した。ホンダはプレリュードBA4で世界初となる4WSをチョイスいたしました。デも決定打はメルツェデスです。天下の小ベンツ(失礼)W201の目玉として莫大な開発費と時間をかけて開発された「マルチリンク」です。先ほどのRX-7のサスもコれをマネたと言って過言じゃないでしょう。リアサスはココ20年ほどで劇的な変化を遂げてますね。
ちなみにコの話はFRやMRナどリア駆動のクルマの話です。ダから私のプ~ちゃんのリアサスはトレーリングアームです。


山代温泉・れんの羊羹[れんのようかん]石川県加賀市山代温泉 http://www.yorunoume.com/

« 散り際が | トップページ | 世話を »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/192400/35061282

この記事へのトラックバック一覧です: セミトレ:

« 散り際が | トップページ | 世話を »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ